48GまとめJOURNAL

AKB48,SKE48,NMB48,HKT48,NGT48,乃木坂46,AKBグループのまとめブログです。

  • Twitter
  • RSS

    1:2014/02/15(土) 22:31:08.78 ID:

    元を辿ればHKT48は当初兒玉と松岡の2topで始まった
    そこに現場人気の高い宮脇が割り込んできた
    当時の運営から絶対的に推され続けていた兒玉
    強固な地盤に支えられ唯一の総選挙ランカーだった宮脇
    しかし初めてもらったオリジナル曲のセンターは
    結局2人のどちらでもなかった
    2期生の加入によりお互いをライバルだと思っていた兒玉と宮脇が
    今度はセンター奪還のため共闘することとなる

    こういうドラマは他店の2topには決してない
    2人の関係性は特別なものだと言えるだろう
    やはりHKT48の主役は兒玉宮脇なのかもしれない

    続きを読む

    1:2014/02/15(土) 22:31:42.47 ID:
    渡辺美優紀
    一般公開で共有しました - 22:00

    ゆきりん先輩の部屋着♡

    ストライプ、ボーダー、チェック!!笑


    これ載せて良かったのかわからないやつ!!


    ごめんなさい!!!!笑
    続きを読む

    1:2014/02/15(土) 17:51:31.48 ID:

    指原莉乃  一般公開で共有しました - 11:18
    昨日のミュージックステーションをみています
    改めて不思議な気持ち。。
    ファンの皆さんにとっては、なんであの子が喋れないんだ!など複雑な気持ちもあると思うんですが指原にとっては、
    テレビってこういうものなんだなって改めてわかったいい機会だった。バラエティ番組と音楽番組は違うもの。
    求められるトークの内容も違うんだなあ。メンバーも、応援してくださっているみなさんも初めての出演で贅沢は言っちゃダメですよね!
    私たちは芸能界、音楽業界ではまだまだすぎる、走り出したばかりの存在。
    短時間のトークでわかりやすくテレビ的で話題になるトーク。。難しいですね。
    そんな走り出したばかりの存在の私たちを一人一人、16人全員をワンショットでうつしてくれたミュージックステーションさんに本当に感謝。
    メンバーの家族の気持ちを思ったら泣きそうになっちゃったよ。誰目線。笑
    今回は16人での出演でしたが、いつかは、全員で!といわれるような存在になりたい。まだまだまだまだだけどね…
    見守ってくれたファンの皆さんも疲れたと思います。笑
    お疲れ様でしたー!

    指原莉乃
    指原がはじめてエムステにでたとき喋りもしないしうつんないけど楽しかったしうれしかったしファンの皆さんも喜んでくれた^o^
    6 時間前 - 2/15 11:40
    続きを読む

    1:2014/02/14(金) 22:28:03.76 ID:
    HKT48が『Mステ』初出演 小6コンビが指原は「おばあちゃん」

     福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48が14日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金
    曜 後8:00)に初出演。3rdシングル「桜、みんなで食べた」(3月12日発売)をテレビ初披露した。

     歌唱前のトークでは、指原莉乃(21)が「AKBと違って、若さいっぱいで緊張しますね」と話すと、タモリが「
    小学生いるんだよなぁ」と質問。指原が最年少12歳の小6コンビ、“なこみく”こと矢吹奈子と田中美久の2人を紹
    介した。

     タモリが「小学生から見て、指原はどうなの?」と2人に問うと、矢吹が「なんか、おばあちゃんみたい」と無
    邪気に答え、田中も「おばあちゃんじゃないよ、ひいばあちゃん」と追い打ち。指原が「ショックでもう踊れない
    」と肩を落とすと、タモリは「俺なんか、類人猿みたいなもんだね」と笑わせていた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8538459/

    HKT出演の模様


    続きを読む

    1:2014/02/14(金) 21:39:40.58 ID:
    よしりんブログより

    MステーションでHKT48の新曲「桜、みんなで食べた」を見た。

    これはいい!掛け値なしにいい!

    芽瑠・美桜・らぶたんもいいが、
    咲良たん・はるっぴがものすごく可愛い。

    きゅんきゅん来るアイドルらしい可愛さになってる!

    あんなに子供っぽかったのに、
    成長するにつれて美しくなっていくのが感動的だ。

    小学生二人の顔の違いがようやくわかったが、
    初めてはるっぴ・咲良たんを見たときのようなインパクトは感じない。

    あれは劇場公演で見たからだろうか?

    子供の可愛さを超えたアイドルの可愛さを持ってるかは、
    劇場で見ないとわからないのかもしれない。

    はるっぴ・咲良たんは、わしの期待を裏切ることはない。

    http://yoshinori-kobayashi.com/3770/

    続きを読む

    このページのトップヘ